【正午まで当日出荷対応!】ファイヤー・ガリー・シャルドネ 2013

2014_Fire_Gully_Chardonnay-20150827100044 SALE!

3,500 3,150 (税別)

通常、正規販売価格から10%OFFのところ、TRIWINE会員は会員限定特価で更にお安くお買い求めいただけます!会員の方はこちらからログインしてください。

「グラス1杯分」のワインが毎月3種類届くワインクラブTRIWINE(トライワイン)についての詳しい情報は、TRIWINEの紹介ページをご覧ください。

【発送について】

正午までのご注文は当日出荷対応、それ以降は翌営業日発送です。(在庫の状況に応じてお日にちをいただく場合がございます。正確な配送日については、別途お送りするメールにてご連絡申し上げます。)

商品カテゴリー: , 商品タグ:

商品説明

ワイン名:ファイヤー・ガリー・シャルドネ 2013
Fire Gully Chardonnay 2013

生産者:ピエロ
Pierro

産地:マーガレット・リバー(西オーストラリア)
Margaret River / Australlia

Alc. 13.0%

品種:シャルドネ
Chardonnay 100%

ワインの特徴

白い花のアロマと微かな杉の香りとともに、とろりとした白桃とネクタリンの風味が広がるシャルドネ。房ごと圧搾し、低温発酵後に50%をステンレス槽で熟成させ、オーク風味を控え、デリケートな果実の味わいを表現しています。シャルドネの名手として知られるピエロが、フレッシュにバランスよく、早くから楽しむことのできるシャルドネとして作りました

mike_in_asia_20131209_1311801237

生産者の情報や個性

栽培・醸造について一切の妥協をしないマイケル・ピターキンの姿勢は、1980年の生産開始以来30年で、ピエロ・シャルドネを豪州で収集家が欲しがるワインTOP3に押し上げました。

設立:1979年
オーナー:マイケル・ペターキン
醸造家:マイケル・ペターキン
自社畑:7.85ha
年間生産量:10,000ダース

生産地域の土壌や気候

海洋性気候で気温差が小さく、年間を通じ暖かい気候です。学術調査を経てぶどう栽培が確立されたのは70年代と若い産地ですが、上質なワインの生産地として国際的評価を得ています。

ファイアー・ガリー・ヴィンヤードで、シャルドネの植え付けは1988年。土壌はもろい粘土質と砂利混じりのローム土壌です。

より美味しく飲むために

冷蔵庫で3時間程度、冷やすと良いでしょう。シャルドネ型のグラスで、温度が上がるにつれ香りの変化を楽しめます。

============= さらに詳しい情報 =============

歴史と概要
ピエロは、元医師のマイケル・ペターキンが1979年に西オーストラリア州マーガレット・リヴァーに興したプレミアム・ワイナリーです。マイケルは1973年に西オーストラリア大学医学部を卒業し、病院で3年間働きましたが、長時間に及ぶ過酷な勤務を離れ、医学生の頃から好きであったワインを造る道へと進みます。1976年、マイケルはアデレードのローズワーシー大学に進学し、2年かけて栽培と醸造を学びました。卒業後は、西オーストラリアに戻り、自らと同じ医師でもあるケヴィン・カレンと妻ダイアナのため、2人がマーガレット・リヴァーに創設したカレン・ワインズでワイン造りに取り組みました。カレンで1980年のヴィンテージが終わった後、マイケルは精神医療に打ち込むカレン氏に説得され、再び医学への関心を抱き、大学院で産婦人科の学位を取得します。自身のワイナリーをウィルヤブラップに設立した後も、マイケルはバッセルトンで麻酔治療の仕事に就き、しばらく間、医療とワイナリー事業を両立していました。

ピエロの自社畑
ピエロは、マーガレット・リヴァーで最初に密植を取り入れたワイナリーとして知られています。畑の植栽密度は4,000-5,500本/haで、畝と畝との間隔もオーストラリアの一般的な畑の3分の2と非常に狭く、マイケルは畑を耕作するために特別な小型トラクターをヨーロッパから取り寄せたほどです。またブドウ樹は南北方向に植え、午後の西日の強い日差しが房に直接当たらないよう、西向きの葉を多く残して房を覆っています。収量のバランスを図ることとと、低収量による果実の風味を強める密植は、質のよいブドウを実らせるためのピエロの重要なファクターとなっています。畑には、近くを流れる小川に沿って海からの涼風が流れ込み、一定の涼しさが確保され、また低く盛り上がった畑は、雨によって砂利などが流されないよう岩で囲まれています。土壌は水はけがよい、適度に深いラテライト化した砂利質で、粉々に砕けた花崗岩がピンク色の粘土層と古代の岩盤の上部を覆っています。

セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン・ブレンドの先駆け
ピエロは、マーガレット・リヴァーで最初にセミヨンとソーヴィニヨン・ブランのブレンドワインを手がけた生産者です。それまでオーストラリアでは、ボルドーの伝統的な手法に従って樽熟成させた、重く力強いセミヨンが広く造られていました。ピエロではセミヨンとソーヴィニヨン・ブランをともにステンレスタンクで仕込み、果実本来のアロマと風味を強調した、フレッシュで爽やかなスタイルに仕上げています。ピエロに続いてケープ・メンテルのデイヴィッド・ホーネンがこのスタイルを手がけ、その後マーガレット・リヴァーでは、ステンレスタンクで仕込んだ、フレッシュなタイプのセミヨンとソーヴィニヨン・ブランのブレンドが主流となりました。

オーストラリア最高峰のシャルドネ
1998年、カレンに世界のトップクラスのシャルドネを集めて行われた「カレン・インターナショナル・シャルドネ・テイスティング」において、ピエロのシャルドネは消費者選出部門で第1位を獲得、業界部門と合わせた総合点でも2位となり、注目を集めました。ピエロのシャルドネはワイン評論家やジャーナリストからも高い評価を受け、現在オーストラリア最高のシャルドネの一つに数えられています。

0bf7a4_f243788834af4998ad8f11a98b83c6f7

ファイヤー・ガリー
1998年に購入した9haの畑は、その昔火事で焼け野原になった土地であったことから「ファイヤー・ガリー」と名付けられました。マイケルは太極拳を習うなど中国文化に深い関心を持ち、この畑のブドウから造られるワインのラベルには「火谷」(=ファイヤー・ガリー)と漢字が表記されています。ファイヤー・ガリーのワインは果実味が豊かで、比較的早くから、バランスよく楽しめるワインとしてリリースされます。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。